ホーム サイトマップ  
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
特集・スペシャル
   
2018/1 塾ジャーナルより一部抜粋

海外大学医学部の卒業までのスケジュールと学費 第4回

私立・国公立大学医学部に入ろう.com代表 平野 晃康
名古屋セミナーグループ医進サクセス室長を経て、現在は私立・国公立大学医学部に入ろう.com代表。医療系・難関大学個別指導塾CMP代表。私大医学部受験の指導と正しい入試情報の普及に努める。入試情報誌「私大医学部入学試験を斬る2013」(名古屋セミナー出版)を編集・執筆、医療系データブック(大学通信)にコラムを寄稿。

 海外への留学というと、日本の大学の医学部を卒業させるよりも多くの費用がかかると考えがちです。しかし、日本の私立大学医学部の学費が非常に高いこと、ハンガリーやチェコは生活費が日本の大学に自宅外から通う場合とそれほど変わらないこと、留学先が国立大学であるため学費が安く、日本の私立大学医学部を卒業させるよりもハンガリーやチェコの国立大学医学部を卒業させる方が、卒業までにかかる費用が少なく済みます。

①海外大学医学部(ハンガリー国立大学、チェコ国立大学)への入学から卒業まで

 最初に、海外大学医学部の入学から卒業、日本の医師国家資格取得までの流れを簡単に説明します。

1)入学枠は2通り

 ハンガリー国立大学、チェコ国立大学への入学方法は、予備コースへの入学、本コースへの入学の2通りがあります。

 予備コースは、留学生向けに用意された医学部への入学準備コースで、医学部に入学してから必要となる化学、物理学、生物学などのほか、英語やハンガリー語、チェコ語などの授業を受けることができます。高校生が入学する場合は、予備コースを選択することが普通です。

 予備コースには1年間のコースと、半年間の短期集中予備コースの2種類があり、内容は同じですが短期集中予備コースの方が医学部を1年早く卒業することができます。

 本コースは、医学部への直接入学です。入学後すぐに英語での医学部の授業が始まり、6年後の卒業を目指します。英語が堪能で、ある程度理科系の知識のある人が選択します。

2)入学試験から入学まで

 予備コース、本コースへの入学試験は、入学の1年前の8月から入学年の4月ごろまで複数回行われます。試験内容は英語、理科(生物・化学・物理より2科目選択)及び面接などで、本コースの面接はハンガリーやチェコから教授が来日して行われます。
合格後は入学までの間に英語研修や入学後に必要な理科の知識などを先取りして学習するコースが用意されており、日本、あるいは現地で入学への準備をすることができます

3)入学から卒業まで

 ハンガリー国立大学やチェコ国立大学の医学部は9月入学です。予備コースに入学する場合、高校卒業後1年目の9月から大学で学び始めることになります。そのため、高校を卒業した人が進学する予備コースの場合、高卒8年目の6月となり、日本の大学の医学部
に現役で合格した場合より卒業が2年遅くなってしまいます。

 しかし、ハンガリー国立大学で実施されている短期集中予備コースの場合、高校3年生の1月から高卒1年目の6月までが予備コースで、高卒1年目の9月に医学部
本コースに入学するため、卒業は高卒7年目の8月であり、遅れは1年だけで済みます。

4)卒業後

 ハンガリー国立大学やチェコ国立大学は卒業と同時にハンガリーあるいはチェコの医師国家資格を取得できます。どちらの免許もEU圏内であれば有効で、ドイツやフランスなどで働くことも不可能ではありません。

 一方、日本の医師国家資格の取得のためには、厚生労働省に申請をして医師国家試験を受験する必要があります。

②ハンガリー国立大学、チェコ国立大学を卒業するまでにかかる費用

 次に、ハンガリー国立大学、チェコ国立大学の医学部を卒業するまでにかかる費用を、日本の大学を卒業するのにかかる費用と見比べてみます。

1)学費

 ハンガリー国立大学は予備コースへ入学して本コースへ進学した場合、医学部卒業までにかかる学費は約1,1 0 0 万円〜約1,300万円、チェコ国立大学医学部は約900万円〜約1,100万円です。これに加えて、入学前の英語研修、渡航費用、入学前講座、事前納入金などがかかります。

 一方、日本の大学の医学部の場合、国公立大学は6年間で350万円〜400万円、私立大学は1,850〜4,550万円ですから、ハンガリー国立大学、チェコ国立大学は日本の国公立大学より高いものの、私立大学に比べると安いことがわかります。

 また、ハンガリー国立大学では、学費のすべてを賄うことのできる奨学金制度も実施しています。日本の自治体の中にもハンガリー国立大学やチェコ国立大学医学部への進学者へ奨学金を支給するところがあり、これらの制度により、学費の負担を減らすことが可能です。

1)授業料

 ハンガリー国立大学医学部、チェコ国立大学医学部、日本の大学医学部の授業料をそれぞれ表にまとめましたので参照してください。

2)生活費

 次に、生活費を比べてみます。居住する都市や生活レベルによって異なりますが、ハンガリー国立大学の場合、年間約100万円〜120万円、チェコ国立大学の場合、年間約80万円〜90万円です。

 一方、自宅外から大学に通う日本の理系学生の年間生活費の全国平均は、住居費:429,700円、食費:255,900円、保健衛生費:36,4000 円、娯楽費:143,900円、その他:150
,100円、合計:1,016,000円と言われています。

 ハンガリーやチェコへ留学した場合、アルバイトはできませんが、日本の大学医学部に入学したでも授業の数が多く忙しいため、アルバイトなどができる時間が限られています。

 このことから、生活費の面において、ハンガリー、チェコへ留学した場合と日本の大学で自宅以外へ出した場合ではほとんど変わらないといえます。

特集一覧

 

 
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.