サイト内検索:
 
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
学校散策 ・関西校・ 関西一覧
   

賢明学院中学高等学校

 
  系属校ならではの連携プログラムで専門分野を究め
関西学院大学理系学部への進学を実現!
 賢明学院の母体は、フランス革命のさなかマリー・リヴィエが創立した「聖母奉献修道会」に遡る。キリスト教的人間観・世界観と一人ひとりの人格を何よりも尊重するマリー・リヴィエの教育精神を受け継ぎ、「祈る、学ぶ、奉仕する」という校訓のもと、"最上を目指して最善の努力を尽くす"活動を日々実践している賢明学院。その根本にあるのは、聖書の言葉にもある『生徒一人ひとりが、すでに無条件に大切な地の塩であり、かけがえのない世の光である』という自己を肯定し他者を尊ぶ思いである。その思いが拓く取り組みを取材した。

校 長: 大原 正義
住 所: 〒590-0812
大阪府堺市堺区霞ヶ丘町4丁3-30
電 話: 072-241-1679
交 通: JR阪和線「上野芝」駅より西へ徒歩13分
南海高野線「堺東」駅から
南海バス 鳳駅前行き「霞ヶ丘」下車後、
東へ徒歩3分
南海バス 堀上緑町一丁行き「南陵通一丁」下車後、南へ徒歩3分
生徒数: 177名(中学校)
488名(高等学校)
ホームページ: https://kenmei.jp

 

教職員全員でつくり上げた
賢明学院中学高等学校プロファイル

 「自分も他者も愛する人」「自ら考え学び高いモラルをもって行動する人」「素直で謙虚な姿勢を持ち進んで働く人」。これらは、教職員全員でつくり上げた賢明学院中学高等学校のプロファイルだ。

 このプロファイルのもと、生涯を通じて能動的に学び続け、Society5.0 の社会に主体的に関わり、チャレンジし続ける人としての成長を育むために、新時代の学びを追求し続けている同校。新時代への学びは、本年度より関西学院大学理系学部の系属校としての「新コース体制」再編へと結実した。理系・文系という従来の枠組みを超えたカリキュラムおよびマネジメントの強化に特色がある。

大学の学びを先取り学習
関西学院大学理系学部への進学が可能に

 本年度からスタートした新コースは、関西学院大学神戸三田キャンパスに2021年4月から開設される理系4学部(理学部・工学部・生命環境学部・建築学部:設置認可申請中)へ直結するものであり、従来にはなかった進路選択を可能にする新たなアプローチに寄せられる期待は高い。

 高校は3コース制により希望の進路を実現。関西学院大学理系学部(以下関学)への進学を目指す「関西学院大学特進サイエンスコース」では、科学・技術分野における課題発見・設定の能力と課題解決能力、グローバル社会を生き抜くための語学力、自ら情報を精査し発信する力を養う。高1では、理系学部で学ぶ基礎学力養成・資格取得を目指し、関学との連携授業を受ける。高2~3では、関学との連携プログラムにより専門的な学びを深め、5分野の研究室に分かれ研究に取り組み、関学SCI-TECH RESEARCH FORUM(課題研究発表会)にて論文を発表。海外共同研究としてマレーシア工科大学(UTM)でのアントレブレナーシップ研修にも参加。成績優秀者はスタンフォード大学やシンガポール大学での特別研修にも参加が可能だ。

 難関国公立大学、難関私立大学、有名私立大学を目指す「特進文理コース」は、大学入試に必要な5教科をバランスよく履修。思考力・判断力・表現力を養い、習熟度別授業で知識や技能の定着を図る。高1終了時に文系・理系を選択し、高2~3で一人ひとりの志望に応じて力を引き出すカリキュラムとなっている。

 有名私立大学文学部や多彩な進路希望に対応する「進学コース」は、大学入試に向けた基礎教科の学力を伸ばすことを徹底。高1では物理・化学・生物の基礎科目の学習を深め、高2以降は生物を中心にした基礎分野の理解・定着を図る。

 「特進文理コース」と「進学コース」は、いずれも英語に特化した「グローバルPROGRAM」を選択できる。これは海外大学進学者養成プログラムであり、海外研修先のUCL(ロンドン大学)、NUS(シンガポール国立大学)、UQ(クイーンズランド大学)への進学を視野に入れたものである。

中学に「関西学院理数コース」誕生
高校の「関西学院大学特進サイエン
スコース」へ直結

大原 正義校長

「今年は新たに中学校に『関西学院理数コース』が誕生しました。高校の『関西学院大学特進サイエンスコース』への進級・進学を第一に目指すコースです。理数系基礎学力を通して新時代が求める科学的思考の土台と素養を育てます」と、入試広報部長の西村佳也先生は話す。基礎学力の定着を図り、学びの土台を確立する「総合コース」とともに、高校入学時に「関西学院大学特進サイエンスコース」「特進文理コース」「進学コース」のいずれかのコースを選択することも可能だ。

 「中学ではコースに関係なく、関西学院大学とのコラボレーションによる企画に参加できます。大学の先生による特別講演会の受講や、関西学院大学キャンパス見学会・体験学習および世界・平和・自然環境を考える研修旅行への参加など、多彩なコンテンツを用意しています。感受性豊かな中学生時代にこそ、持続可能な世界平和を実現することを他人事ではなく自分自身の問題としてとらえるための経験を数多く重ねてほしいです」と西村先生は話す。

世界各国の仲間と交流
過去5年間で8ヵ国232名が来校

 創設者のマリー・リヴィエの言葉に以下のように語ったものがある。

 「一人の子どもの魂を育むことは、一つの世界を治めることに匹敵します。神の目、心の目で見れば一人の子どもの魂はこの宇宙よりも重い存在です」

 この精神を受け継ぐ同校では、生徒一人ひとりの進路をきめ細やかに把握・指導し進路を実現することはもとより、世界各国の仲間との交流を大切にしている。

 海外留学生を積極的に受け入れているのもその一つであり、この活動を通して他者を思いやり、多文化・異文化を尊重できる力を育み、英語学習へのモチベーションアップにもつながっている。校内では留学生と多く接することができ、普段の学校生活の中で自然と国際感覚が培われ、グローバルな視野を身につけられるのである。留学生との交流の際には、必ずウェルカムセレモニーやフェアウェルセレモニーを実施。日本人としてのおもてなしのマナーを学ぶ機会にもなっている。

 インターアクト・ボランティアクラブでは、12月に海外のインターアクトメンバーとの文化交流会に参加。韓国や台湾、マレーシアへの渡航機会にも恵まれている。また、生徒が世界中の人々とともに祈るという時間の大切さを感じることができるように放送朝礼は週に2回英語で実施している。

 キリストが示す理想的人間像を生徒一人ひとりの中に実現し、新しい時代を担う豊かな知性と強い意志、責任感のある人材が賢明学院より世界へと巣立っている。

 
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.