ホーム サイトマップ  
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
学校散策 ・関西校・ 関西一覧
   

山中学校高等学校

 
  勉強も部活も全力投球で
女子英数コース・スーパー選抜クラス第1期生座談会
国公立大学や難関私大に多くの卒業生を送り出している帝塚山中学校高等学校は、生徒の進路目標をより確実なものとするために、中学入学時よりコース別にクラス編成している。そのなかで、東大・京大・国公立大医学部医学科への現役合格を目標とするのが、女子英数コース・スーパー選抜クラスである。ハイレベルかつ密度の濃い授業で、優れた思考力と応用力を鍛える少数精鋭のクラスだ。生徒たちは、どのような学校生活を送っているのだろうか。1期生である中学3年生に勉強やクラブ活動、将来の夢について語ってもらった。

校 長: 有馬 利治
住 所: 〒631-0034 奈良県奈良市学園南3-1-3
電 話: 0742-41-4685
交 通: 近鉄奈良線「学園前」駅より徒歩1分
学生数: 中学校 982名
高等学校 1,185名 (2014.9.1現在)
ホームページ: http://www.tezukayama-h.ed.jp

 

出席者 3年11組
粟岡里菜
井実春
平野理子
村瀬智香
担任 山口光栄先生

文系、理系、スポーツも、
得意分野で活躍

── 最初に授業のことを教えてください。1番好きな教科は何ですか?

 1番は体育、次が物理です。物理は日常にある現象を数学のように解けるのがおもしろい。雨が落ちてくる角度から落下スピードを計算したり、楽しいです。

山口先生:中学3年から高校の内容に進み、理科が分野別になりました。〉

平野 私は体育と数学の代数です。最初は数学があまり好きでなかったのですが、先生が単元の範囲だけでなく関連したこともいろいろ教えてくれて興味をもてました。代数は理論的な感じがして好きです。

村瀬 文系の教科が好きです。文章を書くのはあまり好きじゃなかったのですが、自分の意見を書くと皆がほめてくれて、得意かもと思うようになりました。

 村瀬さんは校内弁論大会で2連覇してるんですよ。

── 詳しく教えてください。テーマは?

村瀬 1年のときは「国内の貧困問題」をテーマに、精神的な貧困に目を向けなければ経済的な貧困を解決できないという主旨で話しました。2年では、「小学校英語」に対する疑問を述べました。

── 社会的なテーマに取り組まれていますね。粟岡さんの好きな教科は?

粟岡 英語です。クラブも英語部で、高円宮杯は、2年連続で奈良大会で優勝して全国大会に出場しました。旺文社の英語朗読コンテストでもMVP賞をいただきました。でも全国大会に行くと、すごい人がいっぱいいて、英語はできて当たり前。何を言うかが問題になります。

── 他の皆さんのクラブは?

 卓球部です。卓球は細かい工夫が必要で頭を使うところが好きです。去年の夏と冬、奈良市の大会で優勝しました。

── すごい!高校でも卓球を続けますか?

 高校ではテニス部に入ります。スポーツを思い切りできるのは学生のときだけなので、いろんなことをやりたいと思ってます。

村瀬 吹奏楽部でオーボエを吹いています。

平野 私はダンス部です。創作ダンスは、役になりきり感情まで考えてて踊るところが奥深くておもしろい。去年の文化発表会では、志賀直哉の『城の崎にて』に出てくる蜂を踊りましたが、難しかったです。手先や足先だけを細かく動かすと虫みたいに見えるので、鏡を見ながら練習しました。

粟岡 リアルでしたよ。私は虫が苦手なので本気で恐かったです(笑)。

クラスで一致団結、
練習を重ねて金賞獲得

── 学校行事で印象に残っているものはありますか?

村瀬 クラス対抗のコーラスコンクールです。みんな熱くなって、練習で喧嘩になったりしたけど、金賞とれたときは嬉しかった。

山口先生:毎年2月に奈良文化会館で開催する伝統行事です。審査員には専門家をお招きしています。指揮や伴奏、練習もすべて生徒が自主的に行います。〉

 私、指揮者をやりました。何でもやりたいタイプなので(笑)。歌の指導は伴奏の子に任せて、私は皆の気持ちのサポートに努めました。

平野 コーラスコンクールの次の日が文化発表会で、ダンス部の練習と重なって大変でした。でも一番の思い出です。

 スポーツ大会も楽しかった。皆で団結してスポーツできたから。今年は、私が生徒会長なので企画する側です。選挙公約も「スポーツ大会をもっと楽しく!」だったから、盛り上げなきゃ。

粟岡 私は4月の学園祭が一番楽しかった。中学の実行委員長になって、生徒全員が期間中に缶バッジをつけることや、縁日を企画しました。縁日は、コイン落としとかモグラ叩きとか、皆で工夫しました。

 モグラ叩きは、段ボールをガムテープでとめて、ペットボトルを使って、皆で並んで手動で……大変だったね(笑)

── 部活や行事で忙しそうですね。勉強との両立は大丈夫ですか。

平野 朝とか少しの合間の時間を有効に使って勉強するようにしています。

山口先生:私のクラスの生徒は100%クラブに入っていて、そのうち7割が運動部ですので、皆始業前や休み時間を上手く使って勉強していますね。〉

── 女子スーパー選抜クラスならではの取り組みはありますか?

 去年の12月に、1年と2年で6人のチームを組み、第1回「科学の甲子園ジュニア」に出場して奈良県代表になりました。

個性を伸ばして夢の実現へ

── 皆さんの将来の夢を教えてください。

村瀬 まだ具体的には決めていませんが、国際社会学に興味があります。そのために英語をもう少し頑張ります。

平野 小学校のころは科学捜査官になりたかったけど、いまは理系の職業につきたいと思っています。

 人類がもっと宇宙に近づけるようなロボットとか機械をつくりたい。大学は京大工学部が目標です。

粟岡 アナウンサーです。そのために英語だけでなく、ドイツ語かフランス語を勉強していこうと考えています。

── 最後に学校自慢をしてください。

平野 いろんな体験ができます。特にこのクラスは、進んだことをいろいろさせてもらえます。

 学校がすごくきれいで気持ちよく学校生活を送れます。先生もおもしろくて、提出物に絵を描いたら、コメントを返してくれました。勉強を教えるだけでなく、ちゃんと生徒と関わってくれます。

粟岡 中高一貫校で縦の繋がりがあるので、高校の先輩からいろいろな話しが聞けて勉強に生かせます。先生は私たちのことをよく見てくれていて、「前のテストではここを間違えたけど、今回はできたね」というように声をかけてくれます。

村瀬 小学校のときより先生との距離が近いし、クラスの皆も優しい。学校が楽しいから、これまで1日も休んだことがないです。

── 今日はどうもありがとうございました。

※入試日程変更で受験しやすくなります。
@1月17日(土)、18日(日)、19日(月)
A初日の専願受験にメリット
B男子のみ初日に午後入試を設定
C2次B入試欠席の場合、受験料を返金
詳しくはホームページへ

 
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.