ホーム サイトマップ  
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
特集・スペシャル
   
2018/9 塾ジャーナルより一部抜粋

集団グループ指導で生徒同士の連帯感を育み
クラスが一丸となって受験を勝ち抜く

 

進学塾REQUA(レクア)(京都市右京区) 塾長 会田 祐司さん

 
     

 今年6月、京都市右京区の閑静な文教地区に開校した進学塾REQUA(レクア)。大手進学塾に 講師として17年勤務し、その手腕を買われ、関西エリアの地域責任者として活躍した会田祐司 氏が開校した個人塾である。集団グループ形式をモットーとしているが、個別指導並みの行き 届いたケアを行なっている。生徒や保護者との信頼関係を築き、日々のコミュニケーションを 重視。生徒一人ひとりに手厚く接していく運営方針が評判を呼びつつある。

講師は社員指導者に限定アルバイトは採用せず

 京福電鉄嵐山線の常磐駅から徒 歩2分。幹線道路に面した好立地 に、今年6月に開業した進学塾 REQUA。向かいには難関校と して知られる府立嵯峨野高校、近 隣には大手塾の教室も多く、いわ ゆる塾の激戦区である。現在、ス タッフは会田塾長を含めて3名。 まだ小さな塾ではあるが、その評 判は少しずつ高まっている。

 塾長の会田氏は、大手進学塾で17年間指導をしてきたベテラン講師。在職中は、難関校である嵯峨野高校、堀川高校、西京高校への合格率90%を誇り、その指導力には定評があった。そんな塾長だが、最初から塾の講師を目指したわけではない。

 「大学卒業後、銀行に入社した のですが、次第に自分は何をした いのか?という疑問に悩まされる ようになったのです。ひたすら考 えた結果、人の人生にかかわる仕 事をしたいと思うようになったん です。子どもが成長した時に、自 分の名前を覚えていてもらいたい。 私自身も受験の時に、塾の先生に お世話になったこともあり、塾の 指導者になろうと決心しました。 それで面接を片っぱしから受けま した。いくつかの塾から採用通知 をもらいましたが、自由な社風に 引かれて、先日まで勤めていた塾 を選んだのです」

 入社後は、小学校の算数、中学 校の英語を担当。その後、関西エ リアの地域責任者に抜擢され、京 都と滋賀の教室を任されたのを機 に関西へ引っ越すことに。

 「私が勤務していた塾は首都圏 が中心の塾です。関西では知名度 が低く、塾選びの選択肢にも入ら ない状態でした。関東と関西では 入試制度も土地柄も違うので、同 じ手法では通用しない場合もあり ます。本部の方針をいかに調整し ていくか、かなり大変な作業でし た」

 そんな会田氏だが、独立を考え たことはなかったという。 「関西での仕事が面白くなってき た時期に、首都圏への異動が決ま りました。戻るか残るか、相当悩 んだのですが、その頃、独立して 東京で塾を始めた知人がいたんで す。彼が 〝塾は大変だけど、やり がいがあって楽しい〟 と言うのを 聞いて、ならば自分もやってみよ うと決心をしました。また、大手 塾は異動も多いので、せっかく教 えた生徒を合格まで見届けること ができないという無念さもあった のです」

 そうして開業したREQUAだ が、授業はすべて社員講師が担当 し、アルバイトは一切採用してい ない。

 「前職での進学塾ではアルバイ ト講師を使っていましたが、問題 が多かったんです。今の大学生は 忙しいので、テストや長期休暇で の帰省になると休みがちです。特 に新人講師となると生徒や保護者 への接し方も心もとなく、授業終 了後に社員がレクチャーしなけれ ばならなかった。その時間を生徒 のことを考える時間に使い、どの 生徒にも質の高い授業を行いたい ので、アルバイト講師は採用して いません」

 学生講師がいないことが、保護 者の信頼を高め、入塾につながっ ているという。

●運営のポイント
ベテラン社員講師の指導により生徒・保護者の信頼度を高める

独自のツールで学習を記録保護者との連絡に活用

 対象としているのは小学4年生 から中学3年生まで。授業は7名 から最大でも1 5名の集団グループ 形式で行なっている。集団ではあ るが、講師はベテラン揃いなので、 個別並みの緻密な指導が可能だ。

 「社員はすべてベテランの講師 ですので、生徒一人ひとりの進度 や苦手分野、家庭状況など把握し ています。個別指導といっても良 いぐらい、生徒との距離は近いで す。私は主に難関公立高校受験を 担当していますが、他に中高一貫 校受験のスペシャリストや小学生 の指導に長けているスタッフがい ます。どんな希望進路にも対応が 可能です」

 現在は、2クラス体制で運営し ている。進度が早く予習中心のク ラスと、基礎を反復しながらじっ くり学んでいくクラス。生徒の志 望校に応じて、教材や授業の内容 も変えており、生徒個人に寄り添 った授業を行なっている。

 生徒には「目標達成ファイル」 というオリジナルのノートを配布。 このノートに長期・中期・短期目 標を記入し、学習の記録を書き込 んでいく。生徒との会話や保護者 とのやりとりも記載して、個々の 成長記録として活用している。

 「生徒が一人でも勉強のサイク ルが作れるようにと始めました。 夏期講習では『学習マラソン』と いうノートも用意しています。日 ごと週ごとの学習計画を書いて、 どれだけ成長したかを、2学期に なったら保護者に伝えたいと考え ています」

●指導のポイント
生徒、保護者、講師が成長記録を共有、三者のコミュニケーションを促進する

受験をチーム戦にすることで生徒の意欲を高めていく

 前職時代から会田塾長が力を入 れているのが、クラスの雰囲気づ くりである。集団指導では「どん なクラスにしていくか」というの も講師の責務だ。

 「自分で言うのもおこがましい ですが、私はクラスの雰囲気づく りは上手いと思っています。受験 は長く苦しいものです。個人で挑 むより、チーム戦にして全員で第 1志望に合格しよう!そういう雰 囲気をつくるようにしています」

 生徒や保護者からは、「この塾 に通ってよかった」という感謝の 言葉も多かったという。その方針 は、自塾にも受け継ぎ、さらに進 めていきたいと考えている。

 ユニークなのは、小学生向けの 作文教室を無料で開いている点だ。 小4から小6を対象に、毎回テー マを決めて作文を書く講座である。 講師はその場で添削をして生徒に 戻す。作文の習慣を身につけるこ とで、受験対策だけでなく、もっ と広い意味での表現力、思考力、 判断力を養ってほしいという意図 である。

 塾名のREQUAとは、「Real・ Education・QUest・Academy」 の頭文字。「本物の教育を追求し ていく学び舎」という意味である。 始まったばかりの塾だが、今後、 どう展開していくか期待が高まる。

●運営のポイント
  クラスの雰囲気を大切にして個人戦ではなくチーム戦で受験に挑む

進学塾REQUA(レクア)(京都市右京区)
塾長 会田 祐司さん

 44歳。大学卒業後、銀行に3年間勤務した後、指導者を 目指して大手進学塾に入社。中学校の英語、小学校の算 数を担当する。その後、マネージャーに昇進し、関西エリ アの地域責任者に抜擢される。京都、滋賀の教室を担当。 17年間勤務した後、独立。今年6月、進学塾勤務時の同 僚と京都市右京区に進学塾REQUAを開校。

特集一覧

 

 
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.