サイト内検索:
 
中学・高校受験:学びネット

 学びネットは、中学、高校受験のための情報ページです。学校紹介や塾経営にお役立て下さい。

今月号の紹介 学校散策 塾長のためのマンスリースケジュール どう思う?ランキング 掲示板 おすすめリンク 購読案内 会社案内
特集・スペシャル
   
2011/9塾ジャーナルより一部抜粋

生徒と保護者の負担減
地域に根ざした安心・信頼の通信制高校

  八洲学園高等学校  

 開校19年目、卒業生のべ3万人となる八洲学園高等学校は、単位制・通信制高校として、地域に根ざした教育を行い、多くの信頼を得てきた学校である。地元中学の紹介や塾からの仲介で入学を決める生徒も多く、地域の中学生には、全日制高校と同様に進学先の選択肢として八洲学園を目指し、入学してくる生徒もいるほどだ。

 私立校に逆風の吹く時代にもかかわらず、堺本校では入学生が増加、横浜にも関西発信の通信制として初めて分校を開校するなど、活気溢れる状況が目立つ。その大きな要因が、独自のシステムによる費用負担の軽減である。

 通常、単位制高校では、1単位ごとの修得費用を提示し、その修得期限は1年間。だが、八洲学園ではこの期限を2年間と長期に設定している。

 「通信制高校に入学してくる生徒たちの中で最も多いのが不登校だった生徒です。彼らが精神的に立ち直って通学する際に、大きな障壁となるのが生活リズムの乱れです。家にいる間に夜型のクセがつき、朝起きられずに遅刻する。そのため1年間では遅刻・欠席のクセが抜けず、結果単位修得ができなくて、翌年新たに修得費用がかかるーーそういった生徒の経済的な負担を減らすのが、当校の学費システムです」と矢本浩司総務部長は語る。

 転入学・編入学生は一年間いつでも入学可能(新入生は4月・10月の2回)。さらに個別での指導も教科によっては対応するシステムを導入しており、小学校低学年から不登校だった生徒が十分な学力を修得して卒業したこともある。

 「八洲学園は関西地区に堺本校をはじめ梅田・三宮会場、関東地区には横浜分校と新宿・池袋会場で高等学校を展開し、現在在籍生徒数は約三千名。教員は非常勤を含めて約100名おり、通信制高校としては大きな規模で生徒を導いています」

 しかし、いずれの地域にも提携しているサポート校は無い。これは、ダブルスクールによる費用の高騰に警鐘を鳴らしているだけでなく、サポート校が行っている生徒指導は、本来高等学校が自前でやるべきことだという信念があるためだ。

 入学生の卒業率は7割と高く、その中で進学希望者は約4割、進学希望者の進学率はほぼ100%。この実績率の高さも、八洲学園が多くの生徒に与えている希望である。

八洲学園高校在校生・OBに聞く!
通信制高校のココが好き

Q.通信制高校への進学を決めたきっかけは?

A.

  • 高校中退後数年経っていましたが、やはり高校卒業資格は取得しておこうと考えて。
  • 中3の時、担任に高校進学はあきらめろと言われ意気消沈していたとき、通信制高校を知り、進学を決めました。

Q.八洲学園に決めたのはなぜでしょう?

A.

  • いつでも編入学が可能なこと、それと全国展開している大きな学校なので安心して通えると判断しました。
  • 説明会などで先生方がとてもフレンドリーで、何でも親身に相談にのってくれて好きになりました。

Q.八洲学園の良さを教えてください。

A.

  • 自分の責任で行動することの大切さを学び、夢を実現するため一生懸命勉強できることです。
  • マンツーマン指導などで、基礎からの学力アップができるところです。

Q.通信制高校を目指す人にひとこと。

A.

  • 指定校推薦で大学へ入学することも可能。自分にあったシステムの学校で、自分の可能性を磨くことができるのが通信制高校です。
  • 誰にでもチャンスは来るもの。それを活かすためにどう過ごせば良いかを考え、高校生活を歩んでください。
  • 不安になったり困難とぶつかれば必ず先生が助けてくれます。自ら積極的に行い、自主性を身につけ、成長してください。
特集一覧
特集一覧

 

 
  ページの先頭へ戻る
manavinet」運営 / 「塾ジャーナル」 編集・発行
株式会社ルックデータ出版
TEL: 06-4790-8630 / E-mail:info@manavinet.com
Copyright© 2004-2003 manavinet. all rights reserved.